ペニス 成分

MENU

ペニスを増大させるための4つの重要成分とは?

成分

 

ペニス増大サプリメントの鍵となっているのが含有成分です。
何の成分がどのくらいの分量で配合されているのか、その調合次第で増大サプリの質が変わってきます。

 

ペニスを大きくさせるにはどんな成分が必要なのか?
皆さんわかりますか?
それは血流を改善し、ペニスの海綿体細胞を増殖させてくれる成分でなくてはなりません。
その成分とはアルギニンとシトルリン、トリプトファンとオルニチンの4つのアミノ酸になります。

 

この4つのアミノ酸がどのように増大に働きかけるのか、詳しく解説していきましょう。

 

 

◆アルギニンとシトルリンが一酸化窒素を生み出す
アルギニンとシトルリンは兄弟のようなアミノ酸です。
アルギニンが体内に入ると酵素と結合してシトルリンに変化します。
この変化する過程で一酸化窒素を生成します。

 

一酸化窒素には血管を柔らかくして、拡張してくれる効果があります。
血管が広がると血液の循環が活発になります。
川の水と同じように、川幅が広がれば水の流れが良くなり、澄んだ水になります。
この川の水と同じことが血管内の血液にも起こるのです。

 

一酸化窒素によって広げられた血管を血液がドンドン流れ、ペニスへ届く血液も多くなるというわけです。

 

ちなみに、シトルリンは体内でアルギニンに変化します。
アルギニンはまた酵素と結びつき、シトルリンに変化し、一酸化窒素を生み出します。
そのシトルリンがまたアルギニンに変化して・・・と無限ループを繰り返すのです。
とはいえ、体内にある酵素に限りがあるので、酵素の数だけ化学変化して一酸化窒素を生成してくれるのです。

 

 

◆トリプトファンとオルニチンでホルモン増加
ホルモンと言っても焼肉屋のホルモンじゃありません。
成長ホルモンや男性ホルモンのことです。
体の細胞を大きくさせるには細胞の損傷と復活を繰り返すしかありません。
細胞はダメージを受けると、そのダメージに負けないように強く大きな細胞に復活します。
これを超回復と呼ぶのですが、これを実践しているのが筋トレなどのトレーニングです。

 

筋トレは筋肉に強い負荷をかけ、細胞を損傷させます。
損傷した筋肉細胞は約48時間かけて強く復活するのです。
その際、筋肉細胞の復活をサポートするのがプロテインなどです。
プロテインには成長ホルモンの分泌を活発にする働きがあり、筋肉細胞の復活を強く素早くしてくれます。

 

ペニス増大にとってトリプトファンとオルニチンは成長ホルモン、男性ホルモンの分泌をサポートして、ペニスの海綿体細胞を増殖させる働きを持っています。

 

トリプトファンはリラックするためのアミノ酸であり、深い睡眠をサポートします。
睡眠中に成長ホルモンが多く分泌されるので、より多くのホルモン分泌をサポートするのです。

 

また、オルニチンは脳下垂体前葉に働きかけて、男性ホルモンの分泌を促します。

 

 

このように、アルギニンとシトルリン、トリプトファンとオルニチンの4つがペニス増大には重要なのです。
この4つの成分が配合されているのがゼファルリンです。

 

 

それでは「ゼファルリンの効果は1ヶ月で出る!?そんなウソを信じてはダメ」です。

 

 

<ゼファルリンの公式サイト>

アミノ酸って何?ゼファルリンって何?